「気づきから行動へ!」社会課題の解決方法は中高生が行動で教えてくれる。 - MIT App Inventor事例ビデオと記事の紹介

「気づきから行動へ!」社会課題の解決方法は中高生が行動で教えてくれる。
- MIT App Inventor事例ビデオと記事の紹介

少し前の事例ですが、スマホ(モバイルアプリ)を使って若者が(若者でなくても)どのように社会課題に取り組めるのか?を示す興味深い事例です。是非お読みください。グーグル翻訳を使って日本語にしたので多少読みにくいかもしれませんがご容赦ください(オリジナル記事はMIT App Inventorのサイトにあります)

MIT App Inventorを使った社会課題への取り組みについてもっと知りたい、この記事の女子高生たちのように自分も スマホアプリ作りに挑戦してみたい、という方は 12/26に社会人向けのワークショップを千駄ヶ谷で開催するので是非参加ください!

https://peatix.com/event/1394539/…

———————————————-

テクノベーション(Technovation Challenge)は、女子高校生向けの世界最大かつ最も伝統のあるテクノロジーコンテストです。 女子高生はMIT App Inventorチームと協力して、アプリの開発によって解決できるコミュニティの問題について考えた結果、独自のモバイルアプリを設計・開発します。 2013年のテノクベーションではカリフォルニア州イーストパロアルトにあるベイショアクリスチャンミニストリースクールから参加したEPA Chica Squadチームを含む、世界中の114チームの女子高生がチャレンジに参加しました。 

EPA Chica Squad が開発したアプリはコミュニティでゴミや落書きをきれいにすることを目的にしています。このアプリは地元の警察署長からの関心を集め、パロアルトウィークリーの記事にもなりました。以下にその要約を紹介しましょう。

EPA Chica Squadメンバー、左から、マルガリータ、ロージー、アシュリー、およびヴァネッサは、「Tag It!」というモバイルアプリを作成しました。落書きの場所をGPSで記録するだけでなく、ボランティアが落書きを消すイベントを登録して町中を綺麗にする情報共有の仕組みを提供しています。

彼らのアプリは、テクノベーションで世界のトップ20にランクインしました。イーストパロアルトのイーストサイドカレッジプレップの2年生であるヴァネッサは、コンピューターサイエンスの授業見た1本のビデオが印象に残りました。「私たちは実際、エンジニアリングに女子があまりいないことをビデオで知りました。だから、テクノベーションに挑戦することが大切だと考えました。オンラインカリキュラムを使用して、中学生と高校生のチームがモバイルアプリ開発に取り組みました。

私たちのチームに「EPA Chica Squad」という名前をつけて、3人のイーストサイドプレップ2年生(ヴァネッサ、アシュリーデイビス、マルガリータテニシ)と1人のセコイア高校の新入生、ロージーバレンシアが今年、Technovationに参加したんです。 「Tag It!」というAndroidアプリを作成しました。このアプリを使うとユーザーは、近所の落書き、破壊行為、ゴミの写真を撮り、その場所にタグを付け、イベントを作成してクリーンアップすることができます。

彼女たちの開発したアプリは世界のトップ20にランクインし、サンフランシスコ地域の36のエントリーのうちトップ5にランクインしました。 4人の少女は、12週間でアプリを作成し、東パロアルトにあるベイショアクリスチャンミニストリーで毎週わずか4時間、2台の借りたラップトップで作業しました。 Facebookアプリのスタートアップで働いていたベイショアのボランティアであるセリーナ・マルティネスと、LinkedInのWeb開発者であるサラ・クラッターバックの2人の技術専門家が指導しました。月曜日のレセプションで、ヴァネッサは彼らがブレーンストーミングを始めた日を思い出し、ベイショアの部屋の上の階に座って重要な質問に対応するアイデアを書き留めました。

– 目的は何ですか?
– キーとなるアイデアは何ですか? 

「コミュニティの問題から始めて、それらの問題を支援するアプリにたどり着きました」ロージーはふりかえります。彼女らはいくつかのアイデアを思いつきました。

– 火災警報アプリ、
– SMSと電話で警察を呼び出すアプリ
– そしてゴミのクリーンアップのアプリ

ロージーが発案したゴミのクリーンアップアプリについてビジネスプランを策定するために、少女たちは東パロアルトの住人が町の環境にどのような不満を抱いているか独自調査を実施しました。住民の41%が何らかの不満を抱いていることがわかりました。その後、少女たちは、米国のスマートフォン所有者の数に都市部に住む割合を掛け、町の環境に不満を持つ人の割合に掛けることで、アプリの「総見込み市場」について5400万人ユーザーの可能性があると導き出しました。

「彼女らのアイデア、彼女らの意見、彼女らが毎週数時間で12週間で機能的なプロトタイプを作成できたという事実に本当に驚かされました」と技術支援アドバイザーを買って出たマルティネス氏は言いました。 「サラと私はそれがどれくらい時間がかかるかについて話していました。相当な時間がかかることがわかりましたが私もフルタイムで働いています。」テクノロジーの世界で女性の存在感を高めるために活動しているLinkedInの「Women In Tech」グループの一員であるClatterbuckは、12週間の中で最もやりがいのある部分は、定期的に会うために毎週4時間を見つけることでした。「比較的短い時間で集中して話し合うとかなり興味深いアイデアを思いつくことができます」。 

「女子高生たちは、IT業界にいる私たちのように、何を構築でき、何を構築できないかについての先入観に制約されていないため、非常に刺激を受けています。」言うまでもなく、少女たちは12月にローンチしたFacebookの地域コミュニティ基金によって助成された約2,000ドルの資金でアプリを開発しました。スタンフォード大学で工学の修士号を取得したベイショアのエグゼクティブディレクター、ロランドゼレドンが助成金を申請しました。資金は、ラップトップ、Androidフォン、食事と施設の費用、および女子高生たちとその指導者との昼食などに充てられました。 LinkedInもチームを共催しました。ゼレドンは、残りの助成金-合計5,000ドル-を使用して、この夏にプログラミングまたはアプリ開発コース(およびそれを実行するインストラクター)を提供することも望んでいると述べました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。