Casual 3D and VR programming with Mind Render.

Mind Render is a 3D and VR programming software for kids and adults, for anyone who want to learn world with simple block style pgoramming. I worked on this software development project with ex colleagues at CSK corporation who are still eager to do something new, something good to young people.

I uploaded a video to show how a small program I made in 10 min. can control a drone fly in a colorful town.

You can download Mind Render for totally free of charge at App Store for iOS, Android, Mac OS and Windows.

If you are in Tokyo, you can attend free introduction workshop at Mobile Internet Technology, Kioicho, Tokyo. Please check future workshop shedule at the Mind Render’s official website.

Workshop at Kyushu Sangyo University – Making change makers by creating mobile app

On Saturday, October 26th, a full day workshop was held at Kyushu Sangyo University. Six hours plus long workshop gave a chance to students to think about their thinking about a world problem thus to extract a principles for designing a solution. Participating students then actually created a mobile app in each group using MIT App Inventor.

The workshop was initiated by an invitation from Management School Dean, Prof.Osamu Kikima after a short discussion with Masao Ishihara, a MIT Master Trainer in Educational Mobile Computing. We set three goals in the workshop.

– Unlocking hidden knowledge using LEGO®️ SERIOUS PLAY®️ method and material, to help student have deeper and broader view to world problem.

⁃ Design a mobile app with a clear purpose of helping others using design thinking and short cycle prototyping similar to design sprint.

⁃ Rapid prototyping that leads to fully functioning mobile app development using MIT App Inventor

Workshop contents :
– Introduction to MIT App Inventor (30 min.)
– MIT App Inventor app development cycle ( 2 apps, 90 min.)
– LEGO®️SERIOUS PLAY®️ skills building (45 min.)
– Extracting a design principle for a world problem (w/ LSP, 90 min.)
– Designing a mobile app based on design principle found (100 min.)
– Final team presentation of mobile app (20 min.)

At the end of the workshop, participating students had more confidence in thinking about world problems and they came to know one powerful tool that help them to design and prototype a solution with our mighty computing tool, mobile devices.

Students also shared their feeling how LEGO®️ SERIOUS PLAY®️, a method new to them helped them deepen thinking as well to share ideas far more effectively among friends.

The workshop was designed and facilitated by Masao Ishihara. He is a trainer of facilitator certified by Association of Master Trainers in the LEGO®️ SERIOUS PLAY®️, he is also a MIT Master Trainer in Educational Mobile Computing certified by Massachusetts Institute of Technology.

If you are interested in having this workshop at your school or organization, please contact Masao.

Students are thinking and sharing ideas about a world problem with LEGO®️ SERIOUS PLAY®️ method.
One student group found their app design principle to solve a water problem in India. They decided to provide a solution to help young people in poor community save time to make an opportunity to learn new things. The LEGO models in the photo shows their design principle.
Students are making a mobile app following their design principles. They use MIT APP Inventor to quickly design, prototype and develop a fully functioning mobile app in a short time.

Mobile and VR technology demonstration by Seigakuin boys school students.

At Seigakuin high school and junior high school, students are ready to show an exciting VR experience demonstration. During the school festival on Saturday, Nov.2 and Monday, Nov.4, students will show the demo at classroom of high school 1-B, main school building. The demonstration and guest experience are open from 10:00 to 15:00 both day. Anyone can visit the school and experience the exciting VR contents students developed.

Here’s the link to the even page for more info and access to the school.

Please if you live in Tokyo, visit the school to experience the VR.

The students used Mind Render, user friendly educational VR software for young people and novice users. It is a free software available for iOS, Android, Windows and Mac.

聖学院中学・高等学校(東京都北区)にて生徒さんたちによるVRデモが公開されます。11月2日(土)と4日(月・祝)に開催される創立113年記念祭の一環として、本館4階の教室にて両日とも見学、体験することができます(10:00〜15:00)。手作りのVR体験デモはあまりに効果があって酔ってしまいそうなほどの出来だそうです。都内にお住まい、あるいは滞在中でお時間のある方は記念祭に訪れてVRデモを体験してみてはいかがでしょうか?どなたでも入り口で記帳すれば入場できます。詳細は学校のホームページをご参照ください。

生徒さんたちによって作られたVRデモは Mind Render を使って作られました。Mind Render は日本で作られた、誰でも手軽にVRコンテンツを作ることのできる教育用3D・VRプログラミングソフトウェアです。無料でダウンロードできるので是非お試しください(Mac, Windows, iOS, Androidに対応。それぞれのApp Storeから無料でダウンロードできます。「Mind Render」で検索してください)

Mind Render の使い方を学ぶための参考書籍「天才を育むプログラミングドリル」が出版されています。Amazonや書店でお求めください。

Scratchプログラミング指導者養成講座開催されました

10月27日 NPO法人 未来デザイン会議の主催による講座が以下のように開催されました。会場は飯田橋駅隣接 東京ボランティアセンター。指導者向けScratchプログラミング講座の他に、聖光学院数学科 名塩先生による「ブロックで学ぶ数学」の講義もありました。参加者は12名、小学校、中学校の先生方や民間の教室で今後プログラミング教育の実践を検討している方々の参加がありました。

Scratchプログラミング講義ではカットシステム刊 「スクラッチドリルブック – 作って学ぶ実践プログラミング練習帳」をテキストに使いながら基礎的なScratchプログラミングについて演習を通じて学びました。次回の開催は12月8日、会場は聖光学院中学校高等学校。詳細は以下のリンクを参照ください。

Scratchプログラミング指導者養成講座 第2回

本日参加の皆さんへの情報:テキストの解答集は以下のリンクからカットシステム社のウェブサイトよりPDF版をダウンロードすることができます。

スクラッチドリルブック解答集 PDF版

リンク先ページの下の方にダウンロードリンクが見つかります。

My workshop report posted on MIT App Inventor official blog

A workshop report from my September event was posted on MIT App Inventor’s official blog. Please visit the MIT site to see my report. MIT App Invemtor Official blog

9月に都内で実施した プログラミング教育指導者向けワークショップの報告が MIT App Inventor オフィシャルブログに掲載されました。是非お読みください。MIT App Inventorオフィシャルブログ

Oct.24th(Thu) App Inventor training in Tokyo at Chiyoda Library.

***All seats sold out. Thank you for your interest. November training information will soon be available in this blog. ***

10月24日(木)東京にて App Inventorの講習会を開催します。

***満席に達したため申し込みを締め切りました。11月も開催予定。詳細は近日中にこのブログで公開します。***


日時:10月24日(木)18:00〜20:30
会場:千代田図書館第1研修室(地下鉄九段下駅より徒歩5分)
内容:
1)App Inventorの概要紹介
2)基本操作とプログラミング基礎知識の整理
3)スマホApp作りに挑戦!

対象:だれでも(ただし事前申し込み必須です)

参加費:資料代と会場代カンパとして¥200
持ち物:
1)パソコン(Mac or Windows)
*WiFi接続可能でブラウザーインストール済のもの。
2)(可能ならできるだけ)Android携帯またはタブレット
*Amazon Fireタブレットでも可
3)筆記具、飲み物

申し込み方法:以下のフォームから申し込んでください。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1568097441hcLJFrjl

Introducing Mind Render, a new 3D and VR programming software for students and anyone.

With some colleagues from CSK, now became SCSK, we developed a 3D and VR software tool for young students. We named it Mind Render meaning it helps people to project fun ideas to 3D and VR world.

Mind Render is a Google blockly implementation on Unity. Therefore you can program any objects in 3D then experience VR with even a cheap VR glasses now available as low as USD 5 or less.

You can download the software for free from :
Mac App store
iOS App store
Google Play store
Windows App store

It supports all above OS. To play VR contents you need an iOS device or an Android device, and a VR glasses.

Enjoy!!

Mind Render programming screen

October 26, App Inventor Workshop in Fukuoka

Educational Mobile Computing and App Inventor workshop in FUKUOKA.

Date : October 26th (Sat)

Time : 9:30 a.m. to 5:00 p.m.

Venue : Kyushu Sangyo University, Fukuoka

           ( 20 min. from Fukuoka station by JR)

Fee : Free of charge

– Introduction to Educational Mobile Computing

– Introduction to App Inventor

– Hands on : making several useful Apps for smartphone and tablet

– Finding problems in an empathic approach using LEGO®️ SERIOUS PLAY®️

* Bring your own PC and an Android device (phone of tablet). 

* If you are interested in participating, send me an email at : mdstorm@me.com

プログラミング教育から「行動する課題解決者」の育成へ

 – MIT App Inventor で実用スマホアプリを作ろう!

福岡で初開催のご案内

開催日:10月26日(土)

開催時間(予定):9:30 ~ 17:00

会場:九州産業大学(詳細別途)

参加費:無料

九産大商学部 聞間教授からご提案いただいて九州地区で初めて開催することとなりました。

内容として App Inventorの入門的な紹介とスマホアプリ作りを中心に、LEGO®️ SERIOUS PLAY®️を活用した課題発見演習も取り入れる予定です。

教育関係の方、LSPファシリテータの方他 上記の内容にご関心のある方は是非参加ください!

App Inventor training in Tokyo.

MIT App Inventorトレーニングを東京で開催しました!

I conducted my second App Inventor training today at STEMON Ogikubo school, Tokyo. Nine after school STEM program instructors participated. They all enjoyed and learned about Educational Mobile Computing through making mobile apps using MIT App Inventor.

The three hours training started at 9:30. Participants built Animal sound book and automatic translator app.

9月4日、未来教室ステモン荻窪本校教室にて指導員向けに MIT App Inventorの講習会を開催しました。9名の参加者はコンピュータ活用思考(Computational Thinking)などのプログラミング教育についての考え方の紹介の後、MIT App Inventorを使ってスマホ(タブレット)アプリ作りに挑戦しました。本日参加者の皆さんが作ったのは動物鳴き声図鑑アプリ(ウェブ図鑑参照機能付)と機械翻訳アプリ(発話機能付)の2つです。短時間で2つのアプリを作り終えることができました。

MIT App Inventorはパソコン画面の前だけで完結してしまうプログラミング学習から、「行動する課題解決者」として子どもたちをエンパワーするために考え出されたツールです。スマホを使って、子どもたちが実際に社会課題を解決する事例が海外では数多く出てきました。日本でもこうした動きをステモンの皆さんと作っていくことができれば嬉しいです。

MIT App Inventorはテクノロジーを使って社会課題を解決するためのツールですが、開発の背景には「コンストラクショニズム」という教育思想があります。同じコンストラクショニズムをベースにした LEGO® SERIOUS PLAY®と組み合わせることによって個人的な課題や社会課題を深く考え、テクノロジーの力を借りて解決実践をする人材を育てていくことが私のミッションではないかなと考えております。

First workshop in Japan

MIT App Inventor トレーニング国内初開催!

App Inventorとモバイルコンピューティングのワークショップを教員向けに仙台にて開催しました(8月25日)。小学校の先生方にプログラミング教育の最新動向(主に米国)を紹介しながら、コンピュータ活用思考(Computational Thinking)という考え方をスマホアプリを作りながら体感していただきました。プログミングの経験があまりなくても機械翻訳など高度なアプリを短時間で作ることができることがおわかりいただけたのではないかと思います。アプリ作りは教育実践の場では、子どもたちが主体的に身の回りの課題や社会課題について考え、解決方法をテクノロジーの力を借りて実際に作ってみる、使ってみて解決を試みることができるようにします。そのための強力なツールがMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された App Inventorというソフトウェアとなります。

私はこの8月に MITより認定を受けて 教育用モバイルコンピューティングとApp Inventorの研修をするマスタートレーナーとなりました。同じ教育思想(コンストラクショニズム)を背景に持つ LEGO® SERIOUS PLAY® を広めていく中で、学校や企業、非営利組織の中で人々がテクノロジーの力を借りてエンパワーされていく支援ができればなあと考えております。

On August 25th, I did my first Educational Mobile Computing workshop in Japan at Tokyo Electron Hall seminar room, Sendai city. Three teachers from local public schools participated. Topic covered in the workshop were :

– Introduction to Educational Mobile Computing.
– What is Computer Thinking? How it is related to learning coding?
– Very quick overview of MIT App Inventor? What is it, what can we do with it?
– Making your first app in 30 min : “Animal sound book” app.
– Making a useful app : “Automatic translator” app.
– Discussing ideas : how can we bring Educational Mobile Computing to school setting?

The participants had a fun and they all could make Mobile apps successfully. We generated so much ideas about how we can bring Educational Mobile Computing to schools.

If you are interested in having a workshop on Educational Mobile Computing, email me!!

The first App participants made “Animal sound book”.